FC2ブログ
Entry Navigation

Memory of HOKKAIDO Summervacation in 2017 ep.5

岩見沢までの間コーちゃんは街中を通らず延々と続く北海道の景色を見せてくれました。

普段は見ることのできない
果てしなく見える空も、畑も、田んぼも全部が目に優しく時間が止まっているかのようでした。

雨が降ったり、止んだり、ちょっと晴れたりする中で真っ直ぐ真っ直ぐ続く道を走りながら色んな話をしました。

みんな色々だ。
そう思いました。


コーちゃんはパンクなコアラな感じでした(笑)
チェックのパンツにラバーソールなんだけど雰囲気がコアラみたいにまったり系
みたいな(*≧∇≦*)


懐かしくてラバーソール欲しくなりました(笑)

顔を見て声を聞いて話をするのは初めてだったけど、なんだろう?
凄い久しぶりに会う弟みたいな感じ?
お互い忙しくて全然会えなかった身内的な。
そのくらい普通でした。

うん。ホントに不思議な感じて
止まってるのか倍速なのかわからない感じでした。

そしてゆうちゃんと待ち合わせの時間よりも結構早めについたのでホビーオフなるところへ。
あんまり安くなかったけど(笑)
これねー。なんて話したり。
これあるから送りましょうか?なんて
ブログでしてるフツーの会話してみたり(笑)

ここならKOJI模型店の方がいいんじゃね?とか(笑)
そんな話をしながら待ち合わせ場所に行きました。
スポンサーサイト



category
日記

Memory of HOKKAIDO Summervacation in 2017 ep.4.5

えーっと1回半分くらいまで書いたんですがまさかまさかの突然の電池切れ。

ドラクエを1日でレベル10くらい上げて
復活の呪文がダメだったくらいショックで萎えてしまいました(笑)

また復活したら続けまーす。

駄文キョロo(・ω・ = ・ω・)oキョロを楽しみにしててくれる方すいませーん
category
日記

Memory of HOKKAIDO Summervacation in 2017 ep.4

当日の朝を迎える1週間前の8/6
突然のサプライズが!

今回の旅行で仕事で会えないはずの3児の父さんとの出会いがありました!
詳しくはこちらで
↓ ↓ ↓ ↓

https://blogs.yahoo.co.jp/chibipapachibimama/15357328.html


そして当日
8/14
4:30起床

となるわけです(笑)

着替えてまとめてあった荷物を持ち
乗り換えアプリの5:13分に間にあうようにJRを通り過ぎ京急の鶴見駅

・・につき、時刻表を見ると
5時30分になってるじゃないですか
(;一_一)は?

と、思いつつパラパラと人がいるためホームでタバコを吸うわけにもいかず(笑)電車を待ちました。

羽田につき予約していたチケットを(これでいいのかな(・_・;)とか思いながら機械で発行してもらい時間があるのでお土産を買いに行き一路北海道に飛んだのでした。

イメージ 1

なんつーマヌケ顔(笑)

イメージ 2

イメージ 3


日本列島を覆い、いつまでも続く雲はまるで白い山の様でした。

途中乱気流で揺れながらも
またグレーの雲の中に入り高度が下がっていくと19年ぶりの北海道の空の上でした。

イメージ 4


イメージ 5


そして千歳空港に到着です。

イメージ 6


空港を出てコーちゃんと連絡とりながらJRの連絡通路へ。

イメージ 7


そして次の次の新千歳に着いたんですが
階段下りたら改札は北口と南口。

俺はアホみたいにブログに写真載せてるけど俺はコーちゃんの顔がわかんないんですよ(笑)

で、ラインしながら電話しながら連絡したらコーちゃんは東口にいると(笑)

「えーっと(;・∀・)東口って改札はないんだけど」って話になって(笑)

要は北口の改札を出て歩いていくと駅に入る東口があるって事でして。

ややっこしいわー(笑)

んで
「コーちゃん?」「パパさん!」って
3児の父さんから2人目の出逢いを果たせたのでした(*≧∇≦*)

んーと、ちょっと話しがそれますが
わからない感覚かもしれませんがもう何年も話をしてるとその人が気持ちの中にいるんですよ。
イメージとも違う感覚です。
イメージは心の中で距離を起きつつ作る想像の割合が多いですからね。
もちろん100%マッチするわけじゃないですけど。そこはそばにいてもみんな100%分かり合えないのと同じです。

大袈裟に言うと魂がいるんですよ。
気持ちの中に。
だから現実に人間という器として目の前で見ても初めてではなく感じるんです。

分かんねーだろーなー(^_^;)


そしてちょっと小降りの雨の中。
やっと一服しながら車に案内してもらい
一路ゆうちゃんと待ち合わせの岩見沢へ向かうのでした( ^o^)ノ

あ。コーちゃんに記念に撮ってもらいました

イメージ 8

category
日記

Memory of HOKKAIDO Summervacation in 2017 ep.3

まだまだ続きます。

これは記憶力のキャパの少ない
自分のための備忘録でもありますので
時間的に同じタイトルが続くかもしれませんが勘弁してくださいm(_ _)m


そして、いや実はねこうこうこうで北海道行くのよ💦時間タイトだからちょっとなら会えるかもね〜

なんて言ったところ、ゆうちゃんとコーちゃんが車を出してくれると名乗り出てくれたのでした!

もう思っても見なかった展開に鳥肌ものでしたヾ(≧∇≦*)/

だってね〜💦
そりゃ今回ダメでもお盆中だし、みんなも都合あるし、仕方ないのよ。実際。
だけど今まで色々あったからお互いにいつか逢ってツラつきあわせて話したい気持ちはずっと、ずーっとあったから。

だけど片道3時間も4時間もかかるし。
往復したらその倍だよ?
シャレになんないでしょ💦
北海道広いんだよ!?まぢで。

それをさ〜・・いい歳したおっさん同士が顔見たいって。逢いたいって。
快く引き受けてくれたんだよ〜💦
たまんないよね💦

最高だよ❗北海道最高ヾ(≧∇≦*)/❗









ちょっと雨の中牛乳買いに行ってきます(笑)
category
日記

Memory of HOKKAIDO Summervacation in 2017 ep.2

北海道行きが決まりました。
でもお盆中で旅費がハンパない。


新幹線か飛行機か。

新幹線、往復6万!?
はい。却下。

飛行機でも羽田からか成田からか。
飛行機代が安くても1時間半かかる成田までの交通費を考えたら飛行機代がちょっと高くても家から30分の羽田からの方がいいかな〜とか。

安い飛行機代を探すとやつばり朝が早く成田からだと時間的にこっち始発で出ても間にあわない。
じゃあやっぱり行きは羽田からだと。


はい。新千歳に着きました〜。
はい。次は?電車?バス?
時間的には?
電車が3時間ちょい?
バスが3時間半ちょい?
30分しか変わらなくて2000円も違うならバスだろ💦

はい。帰り。
夕方ちは家について飯作るの考えたら
飛行機の時間はこの辺
そうすっと値段的に羽田はない。
成田。逆算すると千歳から昼には飛ばなきゃなんない。


旅慣れしてないから探し方もわからないし、安いのかどうかもわからない。
アプリとチケットサイトを見まくって予約。

航空会社だってANAとAIRDOくらいしか知らなかったし。VanillaAir?知らねー。ちゃんと飛ぶのかよ💦

しかし安さに背は変えられず。成田まででポチッ。

はい千歳までのバス。
空港に1時間前に到着する事を考えると

げっ(;・∀・)また6時起きだ。

と、時間の計算や金の計算をしながらにがテナ数字と格闘する事約4時間。

やっと1泊2日片道10時間の弾丸ツアーが決まったのでした。





もう飽きた?(笑)
category
日記

Memory of HOKKAIDO Summervacation in 2017 ep.1

8/14
am4:30 起床


・・の前に。今回の旅の主旨としては
6月末に肺ガンで64の若さで逝ってしまった俺の兄貴的な叔父へ会いに行くことでした。

おじちゃんはとにかく病院が嫌いな人でインフルエンザの予防も医業に携わる自分の娘に家で注射を打ってもらうくらいでした(笑)

肺ガンのステージ4が発覚したのが去年の12月。
家族に周りの親族には誰にも言うなという命令のもと、近しい周り以外は逝くまで誰も知りませんでした。
おじちゃんは俺の母親方の姉弟なんですが大阪に住む自分の妹にも言ってませんでしたし千葉にいる兄貴達にも言ってませんでした。

それはとにかく内装業の個人事業主で全国あちこち飛び回っていたおじちゃんは仕事が大好きで仕事を1番にしてきて周りのみんなにも自分の事よりも仕事を大事にしてほしかったし、もちろん生きたい!って思う気持ちもあったし。
だからそんな自分のために時間を割くような事はしてほしくなかったから。
自分に厳しく周りには分け隔てなく何倍も優しい人でした

で、多分おじちゃんの事だから完治した時に笑いながら酒飲みながら
「いや〜実はさ、ガンだったのよ💦
いや〜大変だったけどね〜💦いや、でも治ったから🎵」
なんつって笑い話にしようとしてたんじやないかなーと。
今思いました。

かと思えば身内に何かあればどこにいても仕事の合間を縫って例え短い時間でも必ず駆けつける。

・・そんな人でした。

俺の母親、おじちゃんの姉さんが亡くなったときも朝早くからいてくれて。
俺が涙と鼻水だらけになりながら号泣したときもだまーって受け止めてくれました。




亡くなる日の朝方・・夜中2時に急変したと医者から電話があり留萌から小1時間かかる旭川の病院に駆けつけた長男に対し、苦しみながらも筆談で「仕事どうしたのよ?」といったそうです(笑)
そんな場合じゃないしそんなんどうでもいいべやって💦(笑)


そしてガン発覚後から半年。
抗癌剤で痛みに耐えながら
家族だけに苛立ちを見せながら
お見舞いに来てくれた近しい人には
苦しみを見せずに最後まで笑顔でいながら

6月20日朝5時に旅立ちました。





亡くなってから色々身の回りのものを整理していたらガンが発覚した去年の12月の半年前の6月にレントゲンの要再検査の紙が見つかったそうです。

まず自分達に言ってれば。
そしてもっと早く病院に行ってれば。
みんなそう思ってやるせなかったそうです。


どんだけ病院嫌いなのよって(-_-;)(笑)


そして、それを聞いたのが亡くなった日の夕方。
大阪の姉ちゃんからでした。

・・その瞬間を思い出すと今こうしてても涙が出てきます。

晩飯を作ってたんだけどもうそれどこじゃなくなっておばちゃんとこに電話したら長男がでて。
「なんで言わなかったのよ❗❗」
「いやー・・もう絶対言うなって言われてたから・・」
「そういう問題じゃねーだろ❗❗」
って泣きながら、怒鳴りながらくってかかりました。

そしてそのやりとりが落ち着いてから
まぁ恥ずかし話、そんなに金銭的に余裕はないんだけど、知ってる人は知ってる侠気のあるうちの嫁が「行っといでよ」
と。


で、今回の北海道行きになった訳でした
category
日記

Memory of HOKKAIDO Summervacation in 2017 Pro

まずは改めまして今回の旅の記事でコメントしてくれた方、ナイス!をくれた方、本当にありがとうございました
m(_ _)m



そしてリアルタイムで反応できなくて
本当にごめんなさい。



返コメをしなかったのは、その時その時に出来なかったり、電池の都合でできなかったり。
時間が経ってから返すのも時間のズレで返す内容ではなかったのでやめました
(ここ、結構難しい(;>_<;))



じゃあ記事あげんなよって自分なら思うなーと思いましたし、
なんでも記事上げりゃあいいもんじゃねーんだなーってのと、少しでもリアルに感じてほしい自分の気持の葛藤といいますか。
それはまた今後に活かしたいなと。



でもやっぱりみんなも楽しんでくれてるのがわかったし、伝わったし。
良かったなとは思ってます。



うん。ありがとうございましたm(_ _)m


そんな思いをしつつ、今回の弾丸ツアーを振り返りたいと思います
category
日記