FC2ブログ
Entry Navigation

脳と血液型とDNA、そしてマシーン化へ。

人は脳の司令で動きます

と、よく聞きますが

でも感情や思考は(経験値にも左右されますが)大きくは血液型で別れます


では脳は血液型でわかれ、人は単純に脳ではなく血液に動かされている脳の司令で動くことになりますよね?

つまり脳はただの入れ物で、身体の隅々まで支配する血液の司令ということに。

血がたぎるぜ!とか脳が活性化されてる!と言いますが脳の活性化は実際に血の巡りが通常時より早いのでしょうか?

それと死んでからもなお個人の形跡をのこすDNAはまた別物で実はDeath No A〜の略だったり?

臓器も入れ替えれば食の好みがかわるように臓器にも感覚の記憶がありますからね

では血液型とは一体何なのか?
血は自分達に何をしようとしてるのか。

血の働きを変えれば長い長い人生の中でほんの数%しか使われてない脳のリミッターは解除できるのか?

そもそも同じ「人間」という有限の時間の中で生きるカテゴリーの器の中で
人種があり、様々な個人差が生まれるのは何故なのか?

人を形成してるのは脳なのか血なのか?
それとも全て死んでからも残るDNAに動かされているのか?

だとしたらDNAとは一体何なのか?

医学が紀元前3000年前に始まっているのに未だに脳の仕組みは全て解明されてない。
血液型も何故分かれているのか?
そこに意味があるなら、いや、なくなったからこそのマシーン化なのか。

そうすると我々も未来にかならずくるマシーン化のための血液みたいなものなのか。
スポンサーサイト



category
日記