Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

あぁ~憧れのオラザク第1弾


んーまさかとは思いつつやっぱり鼻にも引っかからず初陣は撃沈でした

イフリの記事の兄さんのコメで「形はよくできてるね」といただき
形だけじゃ先に進めない事を教えてもらいました。

いままではよかったんです。自分がほしいものをつくるだけでしたから。

だけど世の中に作品を出すって事は自己満だけじゃ話になんないんですよね^^;

見方は人それぞれだし万人が「おぉ!」ってのはほぼ皆無に等しいと思うのですが
今回のオラザクで審査する人には何か伝わるものがないとだめだったわけで

いくらフルスクラッチだとしても「ただそれだけじゃだめ」で、
それ以上の何か・・エネルギー的なものが伝わらなければダメなんだなと。

(今思えば当たり前すぎるくらいのことですが^^;)


それが初陣での反省点です。

今年は今年で知ってる方、勉強させてもらってる方たちと同じ誌面を飾れて嬉しかった中
某SNSのときから仲良くさせてもらっているななろくさんや
七星さんと約束した通り、同じ誌面を飾れたことがめちゃめちゃうれしかったです^^



毎年傾向は変わるし見る人も変われば審査基準も違う。
その中でのその年その年の当たり外れはあるとはおもいますが

自分の中の最低基準として
これが俺のオラザクなんじゃぁああああ!
というエネルギーをイマジネーションにこめて

また来年、参加したいと思います。

参加された皆様、お疲れ様でした
スポンサーサイト
category
オラザク2012

MS-08TX EFREET

wikipediaより

イフリート [編集]

諸元
イフリート
EFREET
型式番号 MS-08TX
所属 ジオン公国軍
生産形態 試作機
全高 18.1m(頭頂高:17.2m)
重量 50.4t
出力 1,072kw
推力 67,000kg
武装 専用ショットガン
専用ヒートソード
スモークディスチャージャー×4
搭乗者 ヘンリー・ブーン
白兵戦用に開発されたグフとドムの中間に位置する機体[1]。開発はツィマッド社との説があり[2]、設計の段階から地球侵攻部隊が携わっている。8機のみの生産で、量産はされなかった。その理由としては、ジオン官僚が宇宙至上主義であったからというものと、カスタムメイドに近く生産性が低かったからというものがある。
8機のうち、試作機を改造した004号機がジオン軍のウルフ・ガー隊に配備され、連邦軍アルバトロス隊のピクシーと交戦している。この他、EXAMシステムの試験用に改造された機体(→イフリート改)と、一年戦争後に地球連邦軍に接収された機体(→イフリート・ナハト)、第三次ネオ・ジオン戦争時にトリントンを襲撃した機体(イフリート・シュナイド)が存在する。
なお、本機以外のグフとドムの中間機としては、『モビルスーツバリエーション』のMS-07C-5 グフ試作実験機がある。また「MS-08」という型式番号を持つ機体にはイフリートとは別に、YMS-08A 高機動型試作機が存在しているが、これらとは直接の関係はない。 ジオン系モビルスーツとしては珍しく、名称に造語ではなく有意単語が使用されている。同様の例としてはMS-18E ケンプファーがある。
主にゲームで登場する本機だが、以下の映像作品への登場も検討されたことがある。『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』では本機が登場する予定があったが、グフカスタムに変更された。


という設定らしいです。


おひさしぶりですm(_ _)m(誰に対してだ?(笑)

今回は結構前にMG グフから改修したイフリート
…の、更に小改修とリペイントしたイフリートです

まずはイラストから
Ms-08tx.jpg

そしてジオノグラフィーシリーズでグフカスタムとのコンパチで発売された
いわば、これがイフリとの出会いでした

f0041300_23124299 (1)

いやぁしびれましたねー^^
それまでデザインはグフカスが最高だと思っていたんですが
このイフリには驚きました。

そしてMGが欲しい!!となり、このイフリを参考に作成しました
のがこれです

a 14348
頭部はサイズが合わずスクラッチ
肩アーマーは5ミリくらい幅増し
腕のガードはジャンクとスクラッチ
上半身、フロントアーマーはプラ板から
もも延長膝から下はパテ

なんですが。今思えばこのときにもっとちゃんと精度をあげて造っておけばよかったと。
後悔後に立たず^^;


胸をせり上げすぎたのもわかってます(汗
でもまぁこの時はこれがかっこよかったんです!
「おぉ!MGいふり~ぃ!」とおもったんです!



で、今回ですが
でもやっぱりちょっとなおそうと…(笑

まずはずっと気になっていた股関節の幅が狭かったので
それを広げ、腕のガードももったりした感じにみえたので
シュッと、キュッとやすりをかけなおし、トゲも全部研ぎなおし
頭部のひさしの形状変更、上腕はグフカスのにし、動力パイプは今回の改修の途中でちぎれたので
作り直しました。

そして色も最初はコバルトブルーをシューっと
グフカスで使った水色をシューっとしてたんですが
どうもおもっちゃっぽすぎる(汗
成長なんですかねー(笑

そしてジオノグラフィのイフリに近づくべく調色をし
リペイントし、完成いたのがこちらです!

20121118006.jpg


ブレードとバックパックもスクラッチです
武器も銃口以外パテのかたまりです(笑


00820121118.jpg

以上でーす。
ではまた^^♪

category
イフリート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。